DHAの一日の摂取量はどのくらい

DHAの一日の摂取量はどのくらい

EPA・DHAは健康の為には必要な成分なので、料理やサプリからなるべく摂取することが良いとされています。しかし、体へのメリットとは逆に、摂り過ぎてしまうとデメリットもあるのです。

 

厚生労働省によると、日国人の健康を保つために必要なEPA・DHA量は1日1グラムだそうです。EPA・DHAを1グラムといえば、約90グラム以上の魚を食べると摂取できる量です
。魚の場合脂がのり、獲りたてのものがEPA・DHA量が豊富なので新鮮なものを食べるように心がけましょう。さらに、調理法によってもEPA・DHAは減ってしまうので、なるべく生で食べることをおすすめします。

 

ただ注意したいのが、EPA・DHAは体に良いからといってあまりにも摂り過ぎると、反対に体に悪影響を及ぼすかも知れないということです。目安としては、1日3グラム以上の摂取は吐き気を催したり、お腹を壊したりすることがあると言われています。したがって、EPA・DHAを摂取する上で1番大事なのは摂取目標量を毎日欠かさず摂取することです。

 

ただ、EPA・DHAには血液の流れをよくする血小板凝集抑制効果があるため、血液が固まりにくい方などは、病院の先生と相談しながら毎日の摂取量を決めることをおすすめします。